便秘の原因

一般的に、大腸で便が作られていることは多くの人が知っていることだと思います。大腸が健康な証拠というのは、週に3回以上すっきりとした排便ができて、なおかつバナナ状の柔らかな便が出ていることを指します。便秘というのは便が全く出ない状態と思われがちですが、このようなスッキリとした便の状態ではなく、量が少なかったり、硬かったり、残便感があっても便秘だと言えるのです。このような症状は何故起こるのでしょうか。

便秘の女性大腸が健康なときは、食物の残りカスがどんどん水分が吸収されて固まっていき、便として排泄されます。どんどん便をスムーズに送り出す動きは「ぜん動運動」と呼ばれて、縮んでは緩むという動きを繰り返すのです。しかし、ぜん動運動が弱いと便を送り出せなくなります。これを「弛緩性便秘」と言います。また、ぜん動運動が強すぎても、腸が痙攣を起こして便が送られなくなります。これを「けいれん性便秘」、さらに、排便のリズムが乱れて直腸で便が停滞する便秘を「直腸性便秘」と言うのです。

このように、便秘には様々な種類があります。その原因の多くは生活習慣やストレスなどに原因があるようです。便がスムーズに出ない人は気を付けましょう。


★関連記事★

  1. 便秘について
  2. 便秘が起こす症状
  3. 便秘を改善するには
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket