便秘が起こす症状

便が上手く排泄されずに腸内に留まっている状態を指す便秘。ただ単に排便が行われていないだけ、と安易に捉える人もいるようですが、それは健康の危険信号。便秘が続くと体内に悪影響が出ると言われています。それは一体どのようなものなのでしょうか。

まず、腸内に悪玉菌が増えます。そのことにより腸内環境が悪化し、負のスパイラルに陥るのです。さらに、骨盤の血行の巡りが悪くなり、それがきっかけとなり全身の血流も悪くなります。血流の流れの悪化は様々な体調不良の原因とも言われているので中尉が必要でしょう。また、自律神経の働きが乱れることにより、自律神経失調症神経性胃炎など様々な疾患に繋がる恐れがあります。

肌荒れまた、これだけではなく、肌荒れや吹き出物の原因にもなります。さらに、イライラや不快感。肩こりに腰痛といった症状も出てくるのです。さらに硬い便が引き起こす痔も無視出来ません。このように若い女性が悩む身体の症状は、便秘が原因である場合も多いと言われています。

便秘は様々な身体的な不快感の原因にも繋がる症状です。このことを無視することによって、女性が悩む肌荒れや肩こり腰痛などの原因にもなります。そのため、便秘対策は万全にしておきましょう。


★関連記事★

  1. 便秘について
  2. 便秘の原因
  3. 便秘を改善するには
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket