便秘について

多くの人が悩んでいると言われている便秘。長い間排便がされていないと様々な身体的不調が起こります。このような事態を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。そもそも、何故便秘は引き起こされてしまうのでしょうか。そのメカニズムについて説明します。

大腸健康な大腸は、ぜん動運動という腸の働きによって強く縮んで、さらに緩む動きを繰り返して便を体外に送り出します。この運動が強かったり弱かったりすることで便秘が引き起こされるのです。また、排便が定期的に行われていないと、直腸まで便がたどり着いても便意が起こらないという事態にもなります。このような便秘が続くことによって、肌荒れやイライラ、さらに肩こり腰痛などの症状が引き起こされます。さらに、痔の原因にもなってしまうので、若い女性の悩みのタネにもなっています。では、便秘を改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。それは、生活習慣の見直しです。特に食生活を改善することで便秘をコントロール出来るという話もあります。便秘に有効だとされている食物繊維や乳酸菌を多く摂取することで、便秘の改善、または予防に繋がります。意識して食物繊維や乳酸菌を多く含む食べ物を摂取しましょう。

便が排泄されない不快感だけではなく、多くの不調を体にもたらす便秘という存在。しかし、それは原因を知って対策を立てることでリスクを軽減できるものでもあります。便秘に悩む人は今すぐこの記事を読んで不快感を解消してください。


★関連記事★

  1. 便秘の原因
  2. 便秘が起こす症状
  3. 便秘を改善するには
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket